信田眼科医院で白内障手術を受けた後の眼内レンズ、高性能多焦点眼内レンズについて

眼内レンズとは

眼内レンズは、白内障手術で吸い出した濁った水晶体の代わりとなる『人工水晶体』です。
白内障手術で水晶体を取り除いてしまうと、そのままではピントが合わなくなってしまいます。従来、白内障の手術後には分厚いメガネやコンタクトレンズを使うことによってピントを合わせていましたが、最近はその代わりに眼内レンズが使われています。

手術で挿入する眼内レンズには「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。レンズにはループと呼ばれる支持部が付いており、全長は13mmです。
白内障手術後の眼内レンズについてもご相談を受けています

眼内レンズの種類

単焦点レンズ

新発田市の眼科でレンズ選びの相談もできる信田眼科医院

特徴ピントが合う距離が決まっている
見える範囲狭い
手元もしくは遠くの中である一点のみよく見える
見え方・質良い
ピントが合う一点は良好

多焦点レンズ

日帰り白内障手術の後の見え方に違いが出る、多焦点レンズ

特徴ピントが合う距離が複数あり、スムーズな視線移動が可能
見える範囲広い
手元から遠くまで見える
見え方・質おおむね良い
ピントが少し甘い
注意点
単焦点レンズの場合、ピントを合わせる調節力がないため、遠くにピントを合わせると近くが、近くにピントを合わせると遠くが見えにくくなります。ピントが合わない距離を見るためには、眼鏡が必要です。
多焦点眼内レンズでは、手元から遠くまでおおむねピントが合うため、眼鏡に依存する頻度を減らすことができます。ただし、眼鏡をかけた方が楽に見える場合もあります。
また、目の状態によっては、眼内レンズの種類を選択できない場合もあります。

レンズの比較

外観
名称ReSTOR
レストア
TECNIS MULTIFOCAL
テクニスマルチ 
TECNIS Symfony
シンフォニー
光学部デザインアポタイズ回折型2焦点回折型エシェレット回折型
ピント2焦点:遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
2焦点:遠・近
(∞・30cm)
(∞・40cm)
(∞・50cm)
広い焦点 遠から中
(∞-50cm)
乱視矯正××
ハロー・グレアありありあり
コントラスト感度
生産国アメリカ(Alcon)アメリカ(Alcon)アメリカ(AMO)

白内障手術について

白内障の手術は主に濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、眼内レンズを入れるという方法で行われています。白内障が進行して、核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出すこともあります。また、手術後に眼内レンズを入れるので、乱視に対応することで見え方の改善を行うことも可能です。
※眼の状態(乱視など)によっては、手術後の見える”質”に違いがでます

日帰りで受ける白内障手術|新発田の眼科「信田眼科医院」
白内障の手術は身体の負担が少ない日帰り手術で
新発田市の信田眼科医院で受けられる日帰り白内障手術

手術の流れ

手術確定
・日常生活においての制限はありません。普段通りにお食事などしてください。
・手術の3週間前に術前検査と診察を行い、手術や術後の注意点についてご案内いたします。
・手術3日前から手術をする眼に抗菌薬の点眼を指示通りに行っていただきます。
手術当日
・手術前日の入浴や洗髪について制限はありません、しっかりと行って下さい。
・担当医師から内服などの指示が出ている場合は忘れずに服用してください。
・当日、当院にて洗顔をおこなっていただきますので、女性の方はお化粧をせずにご来院ください。
・ご来院いただいて、血圧や体温測定を行います。体調が優れない場合はすぐにお申し出ください。
・手術担当医師の診察後に、手術を行います。
・術後は眼の保護のため眼帯をつけますので、車での送迎についてはご家族様とご相談ください。
手術翌日
・術後につけた眼帯は翌日まで外さずに来院してください。来院されたときに眼帯を外します。
・術後の経過観察のために各検査と診察を行います。
・診察後に点眼薬をいくつか処方します。点眼薬については予後を見て種類や本数が減っていきます。
術後3日目
・経過観察のため、視力や眼圧など各種検査を行います。
・散瞳を行うので半日は外界が見えづらくなります。車での送迎についてはご家族様とご相談ください。
・処方した点眼は担当医師の指示に従い、欠かさず継続してください。
術後1週間~
・術後1週間後にご来院いただき、経過観察の各種検査を行います。
・だいたい2週間ほどすれば術後の状態も安定して日常生活をおくれるようになります。
・一般的には3ヶ月から半年は定期的な経過観察の受診をお願いしています。
・術後の感染症リスクもありますので、医師の指示通りの受診をお願いしています。
・経過観察は術後の状態をみて回数や頻度の間隔を空けていきます。
・処方した点眼は欠かさず、必ず使用を継続してください。